Beautiful disharmony

The talk|March 17 2017

不調和の美しさ

              08sircus mens 2017 spring and summer


”拝み”と呼ばれる布の重なりを取り入れたコート。ネックを後ろへ抜き、前身頃を脇へ逃がすことであえてフロントが開くよう設計したジャケット。今シーズンは、本来、メンズの既製服においてタブーとされるパターンやカッティングをデザインへと落とし込み、そこに生まれる計算されたシワや布の動きによって、独自の表情を生み出している。

マテリアルには、質感のある塩縮を施した高密度タイプライターや、ジャリッとした肌触りが特徴のウールエステルなどを採用。くすんだ色味のブルーやグレー、アイボリーを軸に、レッドやイエロー、グリーンなど、これまであまり用いることのなかった目に鮮やかなカラーリングで表現。加えて、ノスタルジックでどこか毒のあるシノワズリーのフラワープリントやストライプを取り入れた。

不自然ながらも独自の表情を生むパターンワーク。どこか毒気漂うカラーリングやモチーフ。多様な要素の不調和によって生まれるハレーションから、アンバランスな美しさが浮かび上がる。

Text: Haruki Kanda (kontakt)
Photo: Kazuki Nagayama